東前橋整形外科 採用情報

東前橋整形外科 採用情報

MENU
MENUMENU

WORKING STYLE ワーキングスタイルWORKING STYLE ワーキングスタイル

柔道整復師 困ったことがあれば、助けてくれる仲間がいる。柔道整復師 困ったことがあれば、助けてくれる仲間がいる。

物理療法室のご紹介物理療法室のご紹介

柔道整復師は、物理療法室で様々な物理療法を行うことが中心です。
主な仕事は、外来患者さんへの物理療法と、通所リハビリセンターの利用者様への機能訓練です。物理療法室には、1日平均約100名の患者さんが訪れるので、スタッフ1人あたり1日20名前後の患者さんを担当し、温熱・電気刺激・牽引などの物理療法を行います。毎朝開催しているミーティングでは、医師、外来看護師、事務スタッフと情報交換を行い、多職種連携による「チーム医療」によって患者さんの痛みを緩和していけるよう取り組んでいます。

仕事の様子仕事の様子

入職したきっかけについて教えてください。
整形外科の実績が豊富で、地元での評判も良かったことが入社の決め手です。当院では、事故やスポーツなどの急性外傷から、高齢者の慢性的な疾患まで幅広く対応しているので、柔道整復師としてさまざまな知識・技術を身に付けられると思いました。
一緒に働く仲間の魅力について教えてください。
同僚とは公私ともに仲が良く、仕事のことからプライベートのことまで何でも気さくに話ができます。柔道整復師は一人で黙々と働くイメージがあるかもしれませんが、困ったことがあれば助け合いますし、上手くいった事例は仲間と共有しています。
将来の夢・目標があれば教えてください。
当院でたくさんの経験を積み、一人でも多くの患者さんに満足していただけるような治療に努めています。これから入職される皆さんも、ぜひ大きな夢を持って仕事に臨んでくださいね。

職場についてのアンケート職場についてのアンケート

職種へのきっかけ

  • 職業への憧れ
  • スキル・キャリアを活かしたい
  • 周囲からの薦め
  • その他(親が柔整師だったため)

喜びを感じるとき

  • 患者さんの目標達成や退院
  • 患者さんの笑顔に出会えた時
  • その職種としての充実感
  • 良い仲間と一緒に働けること
  • 患者さんとの会話・交流など
  • 自分を評価してくれた時

大切にしていること

  • 患者さんへの優しさ・思いやり
  • 信頼関係・コミュニケーション
  • 職場のコミュニケーション、
  • 多職種連携
  • 笑顔でいること
  • 患者、家族からの話をよく聴く
  • 患者さんの能力の見極めと
  • 支援の在り方など